丸メガネ~アンダーすっきり加工

アンダーすっき加工~メガネレンズの縁をスッキリ見せる職人技

アンダーすっきり加工とは

メガネの度数が強くなるとレンズの縁の厚みやウズが目立ちます。

セルフレームや幅広リムのフレームで、レンズのはみ出しを隠しても
正面から見るとレンズの縁の白い線が目立ち、いかにも度が強そうに見えてしまいます。

特に丸メガネのように縦幅が長めのフレームの場合には、度数があまり強くなくても
フレームの下縁の白い切り口が目立ちがちになってしまいます。

実はレンズの加工の仕方で、正面から見た白い切り口を最小限にすることができます。
名づけて「アンダーすっきり加工」と呼んでいますが、この加工方法でレンズを加工すると
フレームの下に見える白い切り口を少なく見せることができます。

度数が強くなるほどアンダーすっきり加工の効果は大きくなります。

丸メガネに限らず、ほとんどのフルリムタイプのメガネフレームへの加工に効果的です。

アンダーすっきり加工 実施例 ASON 40□26
R S-5.5D L S-5.5D OCD64mm EP+1.0mmで加工

右レンズがアンダーすっきり加工、左レンズは通常のオート加工

左右のレンズとも、度数はS-5.5D 屈折率1.5のCR39レンズを使用しての加工です。
レンズ下部の厚みは4.5mmです。

面取り加工も最小にしていますので、左レンズの白い縁は面取りによるものではありません。


少し上から見ると通常のオート加工のウズが目立ち始めます。

一般的に、このアンダーすっきり加工を実施している眼鏡店は大変少なく
このような加工の知識がないところがほとんどです。

度数が強くなるほどアンダーすっきり加工の効果は大きくなりますが
弱度であっても、アンダーすっきり加工は効果的な加工方法です。

当店では、ほとんどのメガネレンズの加工をアンダーすっきり加工で実施しています。

別途加工料金はかかりません。

※ アンダーすっきり加工について
丸メガネ研究会公式HPにもう少し詳しく書かれています、こちらも参考にどうぞ。
丸メガネ研究会公式HP アンダーすっきり加工について

 

丸メガネの情報が満載!丸メガネ研究会公式ホームページ
全国の丸メガネファンのために、丸眼鏡を多数品揃えして
調整技術を磨いている店のグループ「丸メガネ研究会」の公式サイトです

 

※検査をご希望のお客様はご予約をお願いします。

optic RAINBOW オプティック レインボー
株式会社はら時継店
〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-30-12

℡ 03-6750-8083

Email: opt-rainbow2@jcom.home.ne.jp