強度近視メガネ~強度近視でも薄く軽いウスカルメガネ

強度近視のかたのために設計されたウスカルメガネは、レンズの厚みを薄く目立たなくできるメガネフレームです。

オリジナル強度近視メガネ

ウスカル会オリジナル Lugpher (ラグファー)

ウスカル会オリジナルフレーム・カタログ
ウスカル会のオリジナルのフレームのラインナップです。

 

強度近視のメガネでお悩みのかたに

「近視が強いため、レンズの厚みが目立ってしまう。」

「度数が強いために目が小さく見えてしまう。」

「メガネの中に顔が小さく映りこんでしまう。」

などの理由で、外出など人前ではメガネの使用をあきらめているかたが多くいらっしゃいます。

かといって、コンタクトレンズの長時間装用による眼への負担も心配です。

「強度の近視でも、レンズが厚くならず、軽くて快適なメガネは作れないか?」

と、悩まれているかたが多いのですが、このような強度近視のお悩みを解消し、厚いレンズが薄くなり、見た目も美しく、軽く快適に掛けられるメガネを作ろうと考案されたのが、強度近視用メガネのウスカルメガネです。

 

強度近視用メガネフレーム ウスカル枠とは?

強度近視のレンズを薄く軽くする効果のあるサイズのメガネフレームをウスカル枠(フレーム)と呼んでいます。 (レンズが薄く、軽くなるのでウスカルです。)

近視は強度になるほどレンズは厚くなり、レンズの周辺部にいくほど厚みは増していきます。

図 プラスチック屈折率1.74 -10.00D

それとは逆に、レンズが小さいほどレンズの厚みは薄くなります。

上記の図の例ではレンズの中心から30mmの厚みは7.3mmですが、中心から20mmの厚みは3.8mmになります。

このようにレンズのサイズを小さく設計すれば厚みを薄くできるのですが、一般に小さめサイズといわれる 48mm程度のフレームでは、レンズの薄さの効果はあまり期待できません。

ウスカル会が考案したウスカルメガネは、レンズのサイズが40mm前後と小さく、そして装用者の瞳孔間距離に適合するように鼻幅を広めに設計することにより、強度近視でも薄く軽いメガネをお作りすることができます。

ウスカル会オリジナル、ベリーザ

ウスカルのロングセラーモデル Beryza(ベリーザ) 41□23

ウスカルメガネの定義について

 

ウスカルフレームの効果

ウスカルの中でも玉型サイズが小さくなるほど、薄さと軽さの効果が大きくなります。

玉型サイズ42mmのウスカル枠に、S-10Dの度数で屈折率1.9のガラスレンズを使用しお客様のPDと適合するサイズのフレームをお選びいただければ、レンズの一番厚いところで3mm台の厚みで仕上がります。

メガネの重量も20g前後の軽さでお作りすることができます。

Beryza 41□23 S-10.50D 右レンズ厚み 耳側 3.5mm 鼻側 2.9mm

さらに、レンズの周辺の気になるウズも減り、顔の輪郭線の写りこみも軽減されますので、実際よりも弱めの度数を装用しているように見られます。

また、強度近視の場合、レンズはなるべく目に近づけてフィッティングをすることにより、目が小さく映るのを軽減することができますし、ウスカル枠はフレームサイズが小さいことにより、フレームと目の大きさの対比により目が小さく見えてしまうことを軽減することができます。

 

ウスカルフレーム選びのポイント

近視が強くなるほど、玉型がなるべく小さく、瞳がレンズの中心かやや内側にくるフレーム(お客様のPDとフレームPDが同じか、広くても4mmくらいまでのフレーム)を選ぶのがポイントです。

ウスカル会オリジナルフレームは、さまざまなお客様の瞳孔間距離(PD)に合わせられるように、さまざまなサイズのウスカル枠を取り揃えております。

ウスカル枠の選び方

※ お選びになったフレームごとに、レンズの厚みを計算し予測が可能です。

 

強度近視のレンズ選びは?

ウスカルにはどのようなレンズを選択すれば良いかということですが、軽さはプラスチックレンズが軽くなりますが、-10D以上になると、最薄クラスのプラスチックを使用しても、最も厚いところで4mmくらいの厚みになってしまい、薄さの効果はいま一つです。

ガラスレンズには屈折率1.8や1.9という、最薄プラスチックレンズよりも格段に薄くできるレンズがあり、うまくPDと適合したウスカル枠で作ると-10Dを超える強度近視でも、最大コバ厚は3mm程度になります。

また、ウスカルはレンズ面積が小さくなるように設計されているため強度のガラスレンズでも軽く仕上げることができます。

-10D程度の度数のガラスでお作りした場合の重さは20グラム前後で仕上がります。

強度近視ウスカルメガネの軽さ

ウスカルは、重量バランスが良いため、20グラムを超えた仕上がりでも重さをあまり感じない仕上がりになります。

ガラスレンズは、屈折率1.9、1.8、1.7
プラスチックレンズは、1.76、1.74、1.7、1.67と屈折率により数種類あります。

度数が比較的弱ければ1.6で十分薄くなることもありますし、最強度近視であれば、ガラス1.9、1.8 をお奨めすることが多くなります。

度数・PDと適合したフレーム選択によりレンズの厚み予測ができますので、より最適なレンズを選択することが可能です。

ウスカルメガネ作製例

 

レンズ周辺部のウズを目立たなくする加工

強度近視のメガネはレンズの周りに白いラインやウズが目立つようになります。

ウスカル会では、このレンズの周辺部を目立たなくする加工技術「アンダーすっきり加工」を実施しています。

アンダーすっきり加工の有無で、仕上がりのきれいさには歴然と差がでてきます。

詳しくはこちらをクリックしてください
ウスカル会HP アンダーすっきり加工 のページ

 

強度近視用のフィッティング技術

メガネの調整においてフィッティングは非常に大切なのですが、特に強度近視のメガネを調整する場合はなおさら重要になってきます。

度数が強くなるほど、目からレンズの距離によって度数の変化が大きくなり、見え方に影響することに加えて、装用者の目が小さく見えてしまうなど美感の面でも影響されてしまいます。

強度近視のメガネの場合、基本的にはレンズをなるべく目に近くなるようにフィッテイングする方が、目が小さくなりにくく、ウスカルメガネのようにレンズ面積の小さいメガネでは視野も広くなります。

 

ウスカル会オリジナル、ウスカル・フレーム カタログ

オリジナル強度近視メガネへ

ウスカル会オリジナルのウスカルフレームのカタログページ

 

オリジナル以外のウスカルサイズのフレーム・カタログ

オリジナル以外の強度近視メガネへ

ウスカル会以外のウスカルサイズのメガネフレームも多数取り揃えております。

 

TOPページに戻る   PRODUCTSへ戻る

 

強度近視のかたのためのマジメな眼鏡店集団
ウスカル会 公式サイト

 

※検査をご希望のお客様はご予約をお願いします。

optic RAINBOW オプティック レインボー
株式会社はら時継店
〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-30-12

℡ 03-6750-8083

営業時間:10:30~19:00
定休日:水曜日・第2日曜日

Email: opt-rainbow2@jcom.home.ne.jp