丸メガネ~似合う丸メガネが必ず見つかります。

丸メガネは、サイズの合ったフレーム選びが大切です。

丸メガネ研究会オリジナル丸メガネ、カイチ

 

丸メガネ選びは、お顔とサイズの適合と調和

当店に丸メガネを求めてご来店されるお客様の中には、

「以前、丸メガネを掛けてみたけれど、あまり似合っていなかった…。」

丸メガネを掛けてみたいけれど、「丸メガネは似合わない」と思われているかたがけっこういらっしゃいます。

丸メガネの多くは、レンズのサイズが小さい割に、ブリッジ幅が狭いものがほとんどなので、お顔幅にぴったり合う丸メガネを見つけることはけっこう難しいものです。

オプティックレインボーでは、瞳孔間距離やお顔幅に適合するいろいろなサイズの丸メガネを取りそろえております。

特に、丸メガネ研究会の丸メガネは、レンズの大きさやブリッジサイズなど、いろいろなお顔のサイズのかたに適合することを考えて設計されており、メタルフレーム、セルフレームを合わせて多くの種類の丸メガネを発売しており、多くのかたに丸メガネを楽しんでいただけます。

また、丸メガネ研究会の丸メガネ以外にも、さまざまなサイズやデザインなど、それぞれ個性ある丸メガネを多く取り揃えております。

以前は、丸メガネをあきらめていたかたも、もう一度丸メガネに挑戦されてみてください。

丸メガネとは

当店や丸メガネ研究会でいう丸メガネとは、あくまで、丸(ラウンド)型のメガネです。

ボストン型やオーバル型、ウエリントンまで丸メガネに含めて宣伝をしているサイトがありますがやはり「丸メガネ」といって良いのは丸型です。

丸メガネは「真円でなければ丸メガネではない!」というコアな丸メガネファンも多いのですが、横幅よりも縦幅が若干短い擬似真円(丸に見える丸メガネ)や、オーバルに見えなくもないくらいの丸メガネまでを丸メガネのカテゴリーとすべきです。

ボストン型はあくまでボストン、オーバルはあくまで楕円です。

 

丸メガネ研究会オリジナル、丸メガネ・カタログ

丸メガネ研究会オリジナル・フレームはこちらへ

オリジナル丸メガネカタログ

丸メガネ研究会から発売されている、こだわりのオリジナル丸メガネです

 

オリジナル以外の丸メガネ・カタログ

オリジナル以外の丸メガネはこちらへ

オリジナル以外の丸メガネカタログ

オリジナル以外にも多数の丸メガネを取り揃えております

 

丸メガネのサイズについて

丸メガネは、レンズの横幅が40~44mmのサイズが多く、普通のメガネと比べるとメガネ全体の横幅が狭くなります。

GENJI 42□23 を例に見てみると

丸メガネのサイズ

レンズの横幅42mm、鼻幅23mm 合計の横幅107mmですが、普通のメガネで50□17のサイズの場合では合計横幅が117mmとなります。

このように丸メガネは比較的に横幅が狭いため、お顔幅と瞳孔間距離に適合したサイズの選択が必要となります。

つまり、丸メガネは、レンズのサイズ、お顔の大きさと左右の目の距離(瞳孔間距離)などの調和が必要になります。

また、丸型といっても、真円や縦より横が長い丸型など、そのレンズシェイプも様々です。

同じサイズであっても真円の方がレンズ面積は大きくなります。

その他、フレームカラーの違いでも印象が変わりますし、鼻パッドの無い一山仕様など丸メガネは、そのデザインとサイズの適合、フレームのカラーを含めたお顔との調和が大切になります。

丸メガネ研究会HP 丸メガネの選び方

 

真円の丸メガネ、疑似真円の丸メガネ

丸メガネは、真円ではなく少し横長の楕円型になっているものが多いのですが、下のように、真円の丸メガネは少し縦長に見えてしまいます。

真円の丸メガネ、擬似真円の丸メガネの比較

 

それでも、はじめは錯視により縦長に見える真円の丸メガネも、目が慣れてくればやはり真円に見えてきます。

「やはり丸メガネは真円こそが丸メガネである。」とのご意見は、見極めれば真円ということなのかもしれません。

真円を少し楕円(擬似真円)に変更したり、逆に擬似真円を真円に変更したりすることは可能ですのでご遠慮なくご相談ください。

ただし、ブリッジや智の接合されている位置が、玉型の上の方にあると変更が難しくなります。

なお、丸メガネ研究会のオリジナル枠は、ほとんどのものがブリッジや智が天地中央付近にありますので真円と擬似真円の形状変更がしやすくなっています。

丸メガネ研究会HP 丸メガネの分類

 

レンズの下縁やウズの目立たない加工技術

丸メガネも、度数が強くなるとレンズ周辺部に白いラインのような切り口が目立ってきます。

また、丸メガネは縦幅が長い形状のため、レンズの下側に白く見える切り口が目立ちやすくなり、度数が強くなるほどウズも目立ってきます。

アンダーすっきり加工は、このレンズ周辺部や下側の白いラインを軽減し、度数の強さを目立たなくする加工技術です。

丸メガネ研究会の会員店では、この「アンダーすっきり加工」を実施し、よりスマートな丸メガネを提供しております。

アンダーすっきり加工の有無で、丸メガネの仕上がりには歴然と差がでてきます。

丸メガネにもアンダーすっきり加工
アンダーすっきり加工でレンズの下縁やウズを目立たなくできます。

 

丸メガネ用 偏光クリップオンサングラス
丸メガネにも偏光クリップオン・サングラスをお作りできます。

丸メガネ用クリップオン

 

 

TOPページに戻る PRODUCTSへ戻る

ボストンメガネはこちらへ

 

丸メガネ研究会HP
丸メガネの情報が満載!丸メガネ研究会公式ホームページ
全国の丸メガネファンのために、丸眼鏡を多数品揃えして
調整技術を磨いている店のグループ「丸メガネ研究会」の公式サイトです。

※検査をご希望のお客様はご予約をお願いします。

optic RAINBOW オプティック レインボー
株式会社はら時継店
〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-30-12

℡ 03-6750-8083

営業時間:10:30~19:00 定休日:水曜日・第二日曜日