深視力検査~大型、二種免許、航空身体検査

深視力とは

深視力とは、遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力のことです。

人間は、左右の2つの眼で物を見ていますが、右眼で見た像と左眼で見た像を重ねて1つの像として見ています。

この両眼でものを見ることを両眼視と呼んでいますが、良好な両眼視ができれば、精密な立体感と正確な距離感を感じることができます。

この「遠近感をどれだけ正確に見ているか」を調べるのが、深視力検査です。

しかし、正確な深視力を得るためには、左右眼とも良好な視力であることと、両眼で同時にひとつのものを見ることができる両眼同一視ができることが前提になります。

そして、あるていど良好な両眼視の機能があることが重要になってきます。

そのため深視力検査といっても、近視・遠視・乱視の屈折度数と両眼視機能に問題がないことを検査によって調べる必要があり、当店ではそれらの検査によってメガネが必要かを判断します。

深視力検査は、大型免許、二種免許の取得・更新時に、適正試験の一項目として義務づけられていますが、これは 両眼視機能と呼ばれる眼の能力のうち、遠近感や立体感の検査で、自動車の運転中に動いている対象物に対する距離感の異常を発見するために行われています。

 

深視力検査は、「三桿(さんかん)試験」という方法で行われます。

三桿法とは、横に並んで立てられた3本の棒を正面から見て、前後に移動する真ん中の棒が、両端の棒と並んだところを判断し、その並び具合で遠近感を判断する検査です。

深視力計を正面から見たところ。

3本の棒のうち真ん中の棒が前後に動きます。

当店の深視力練習器

まず、両眼視が良好であるかを調べて、屈折検査と両眼視の検査をしてから深視力練習器で深視力の練習をしていただきます。

また、当店では2.5m式の深視力練習器を使用しておりますが、深視力は、立体感覚・遠近感という、あくまで両眼視によって生まれる感覚が必要なため、検査自体は2.5m式の実物を見て行う必要があります。

 

深視力検査に合格するには?

(1)屈折異常(近視、遠視、乱視など)が適切に矯正されていて、視力が良好であること。

(2)両眼視機能のうち「立体視」が良好であること。

(3)練習して感覚をつかむこと。

お近くの深視力計設置の眼鏡店で練習ができます↓

※ お願い

深視力検査をご希望のかたは、ご予約をお願いいたします。

検査のみの場合の検査料は \3,000 +消費税 です。
(※ 処方箋の発行はいたしません。)

ネット通販でご購入の新品フレームへのレンズ入替はお断りしております。

 

TOPページに戻る   SERVICへ戻る

 

optic RAINBOW オプティック レインボー
株式会社はら時継店
〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-30-12

℡ 03-6750-8083

営業時間:10:30~19:00
定休日:水曜日・第2日曜日

Email: opt-rainbow2@jcom.home.ne.jp